メッシと遠藤保仁の才能を見抜いた名将レシャック


-----------------------------------------------------------------------------------------------
  元スペイン代表FWで「世界最強クラブ」バルセロナの監督も務めたカルロス・レシャック氏(66)は、日本代表歴代最多となる国際Aマッチ124試合出場を記録したMF遠藤保仁(32=J2G大阪)を世に送り出した人物だ。

 1998年にJリーグ横浜Fの監督に就任したレシャック氏は、当時鹿児島実業を卒業し、プロになったばかりの遠藤の才能に注目。なんと開幕戦(対横浜M)でスタメン起用した。高卒ルーキーがJリーグ開幕から出場するのは現在でも異例。周囲から「もう少しプロに慣れてからでも…」という声もあったが、遠藤の才能に期待し、起用を続けた。

 遠藤も早くから実戦経験を積むことで才能が花開いた。各年代別代表はもちろんのこと、2002年にはA代表にも選出され、その後は日本に欠かせない存在となった。遠藤はかつてレシャック氏について「楽しかった。試合中は、あんまり動くなと言われていた。監督が練習に入ることもあったけど、本当にうまかったですね」と話している。

 一方で、レシャック氏の名は、ある出来事をきっかけに全世界に広まった。バルセロナで育成を手がけていた同氏は、入団テストを受けに来た身長140センチに満たない13歳の少年をひと目見てこう言ったという。「彼は天才だ! 今すぐに契約しろ! 紙ナプキンでも、なんでもいいからサインさせろ」。そのまま即合格を決めた。

 この少年こそアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(25)。バルセロナで大活躍し、4年連続でFIFAバロンドールに輝いた現在の世界ナンバーワン選手だ。メッシの才能を見抜いたことで、レシャック氏の人を見る目の確かさが証明された。遠藤が日本代表で10年以上も活躍しているのも当然のことかもしれない。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
メッシの話は知ってたけど、この人ってJリーグで監督されてたんですね。遠藤選手を見出した監督さんと同じ人とは思いませんでした。
しかし、そうやってみるとこの人はすごい目利きなんだろうなあ。
この人の眼鏡に叶う次のスターは、だれになるのかな?
タグ:サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。